3Dプリンターを取り入れれば効率アップ!

男性

設置の利便性をチェック

内線や外線の導入が必要になるビジネスフォンは、設置や撤収が難しいため、設置作業もしてくれるリース業者に依頼するのが最適です。事業規模の変化に対応するときにもリース業者ならば素早く対応できるため、ビジネスチャンスをつかみやすくなります。

電話

回線設定とセットで利用

ビジネスホンは企業で使用する電話です。回線一つに対して一つの電話機を使用する家庭用の電話機とは異なり、より効率的な回線設定を行うことで費用を大幅に節約することが可能になります。リースを利用するとさらに利便性が向上します。

3Dプリンタ

活用の工夫と利便性

業務用3dプリンターは印刷速度が速く、印刷品質が高いため、レンタルでも宅配納品形式でも収益を最適化できます。事務所内の必要かつ特殊なパーツを造形できれば、パーツ購入のコストを削減できるため、コストカットにも役立てられます。

立体物を試作する

3次元プロッタ

何かものを試作するときは、よく模型を作ります。不動産屋のモデルルームで、売られている家の模型を見たことがある人は多いことでしょう。模型は3次元のものであり、図面など2次元のものに比べて私たちの想像力をかきたてやすいメリットがあります。しかし模型を作るのは簡単なことではありません。とくに内部が入り組んでいるものを作るときは大変です。最近の図面はたいていがコンピュータで設計されますが、その図面を見ながら模型を作る作業は長らく手作業であり、時間がかかっていました。3DCGが普及したとはいえ、人々により分かりやすいものとしての模型の需要は変わらず、したがって図面を手作業で模型に仕立てる作業が必要な状態が続きました。この現状に革命をもたらしたのが3Dプリンターです。3Dプリンターはコンピュータから3次元の図面データを入力するだけで立体物を作れてしまう画期的なものです。人は3Dプリンターのインクに相当するものをプリンターに入れ、図面データを入力すればあとはしばらく待つだけで簡単に模型が作れてしまうのです。3Dプリンターのメリットは簡単で早く立体物を作れることだけではありません。3Dプリンターを使うと、図面を実際に起こす際に人がかかわらないのでヒューマンエラーを防止できます。つまり図面そのものの形が確実に現れるのです。さらに3Dプリンターのインクに相当する物質を変えれば、質感の異なる模型を簡単に作れるのです。