3Dプリンターを取り入れれば効率アップ!

活用の工夫と利便性

3Dプリンタ

工夫次第でコスト削減可能

業務用の3dプリンターはそのまま造形物を納品する目的で使われることもあり、レンタルとして使ってもらうのもそこそこの収益になります。どんな目的でも業務用3dプリンターは便利に活用できますが、事務所で必要なものを用意するときにも3dプリンターを使うことでコストカットできる場合があります。本来ならば高額なコストがかかるパーツを、購入せずに3dプリンターで出力すれば交換部品を自身で用意でき、配送の手間やコストの節約ができて非常に便利になります。レンタルで貸し出すときにも、時間ごとに料金を設定するか、造形物ごとに料金を設定するか工夫するだけで顧客の集まり方に大きな差があります。業務用の場合は家庭向けの端末に比べれば出力速度は早いですが、それでも時間がかかってしまうため、回転率を考慮した費用設定で収益を最適化できます。業務用だからこそできる方法で、その印刷速度や品質の高さをアピールすると良いでしょう。また、直接レンタルしなくても、造形物を宅配で納品するという印刷方法も効果的です。モデルデータをそれぞれに用意してもらうだけで良いため、あとは常時データの出力をさせれば、収益化が簡単になります。予約がある程度取れてくれば、本業の邪魔をせずに副業感覚で利益が生まれます。プリント時間が長くかかり、だいたい1時間から2時間は待機時間になるため、3Dモデルを扱える場合にはこうした方法で収益を増やすこともできます。