3Dプリンターを取り入れれば効率アップ!

回線設定とセットで利用

電話

効率的な回線でコスト減

ビジネスホンは会社の固定電話として利用されている電話です。企業では家庭のように回線が一つという事はありません。複数の回線で同時着信を可能にする必要があるのです。またそれぞれの電話に互換性を持たせることで、内線通話や、転送などができるようにする必要があります。そのため一般的な家庭の電話機と異なり、複数のボタンがつくなど特殊な形状になっていることが多くなります。ビジネスホンを利用する際には、リースやレンタルを利用することが一般的です。購入すると固定資産になってしまう事や、事業の拡大や縮小により必要数が変更することに対してコストがかかってしまうためです。そのため、ビジネスホンはリース契約で利用することが多くなっています。電話機単体で利用することもできない理由もあります。これは、電話機をどこで接続させるのかをすべて設定しなければならないためです。この工事を行う業者はビジネスホンのリース事業も行っていることが多く、コスト面で一括して利用することができるためタスク済ませることができるメリットもあります。各種変更工事に対応することもできるため、リース契約の諸手続きも同時に進めることができるのです。ビジネスホンは必要最小限の回線で、より多くの内線電話を活用することで利用方法に不便さを感じさせずに導入費用や月々の基本料金を節約することができるメリットがあります。その為、企業ではビジネスホンのリース活用が多くなっているのです。