3Dプリンターを取り入れれば効率アップ!

設置の利便性をチェック

男性

導入しやすい電話が良い

ビジネスフォンでは、家庭用の電話機のように1回線のみを接続するのではなく、外線と複数の内線を接続して、それぞれの電話機で情報も共有する必要があるシステムです。大きい会社では、このビジネスフォンを固有に購入して設置したほうが長い目で見れば安く済みますが、小規模、中規模の会社の場合には高額になりやすく、設置が面倒なビジネスフォンはリースで導入するほうが負担を軽減できます。リースで最新式のビジネスフォンを導入できれば、内線、外線機能を持ちながらも無線接続できるような高性能なものを選ぶこともできます。また、リース業者に設置をすべて任せられることも多いため、自身でビジネスフォンを購入するよりも負担が軽減できます。特に、外線で受けた電話を他の方に取り次ぎするような使い方をする場合には、接続ミスがあると仕事にも支障が出てきます。こうした設置もリース業者に設定してもらえば、ビジネス効率が大幅にアップします。また、ビジネスフォンは、現場の拡大や縮小に合わせて設置形態を変える必要もあるため、リースであればそうした変化にも素早く対応でき、本業に集中しやすくなります。内線接続の設定に時間を割くのは、専門知識とテスト通話が必要で、余計な負担がかかってしまいますが、リース業者に全て任せれば負担はなくなります。ビジネスフォンは設置も撤収もしやすく、設置作業も業者が代わりにやってくれるようなリース業者のサービスを選ぶのがおすすめです。